鳥取大学工学部化学バイオ系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 化学バイオコース Chemistry and Biotechnology

  • A
  • A

松浦研究室の論文に関するイラストがOrganic & Biomolecular Chemistry 誌(英国王立化学会)の表紙に掲載されました

論文タイトル:Self-assembly of Ni-NTA-modified β-annulus peptides into artificial viral capsids and encapsulation of His-tagged proteins

 

著者名:Kazunori Matsuura, Tomohiro Nakamura, Kenta Watanabe, Takanori Noguchi, Kosuke Minamihata, Noriho Kamiya and Nobuo Kimizuka

 

論文URL: http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2016/ob/c6ob01227b#!divAbstract

 

表紙URL: http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2016/ob/c6ob90124g#!divAbstract

 

この論文では、Ni-NTAで修飾したβ-annulus peptideの自己集合により形成される人工ウイルス殻に、Hisタグタンパク質を内包することに成功しました。この度、この論文が掲載されている今週号のOrganic & Biomolecular Chemistry 誌の「表紙」に、ペプチドが自己集合しながらタンパク質を内包する様子のイラストが掲載されま した。