鳥取大学工学部化学バイオ系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 化学バイオコース Chemistry and Biotechnology

  • A
  • A

教育の特色

今世紀における化学と生命科学は、産業の中心として期待されているだけでなく、エネルギー問題や環境問題の解決、健康・長寿な社会の維持などを支えるきわめて重要な学問へと発展してきています。化学バイオ系学科では、有機化学・無機化学・物理化学などの基礎化学、ならびに微生物学・生化学・分子生物学などの基礎生命科学を幅広く体系的に教育するとともに、化学と生命科学にまたがる専門教育や様々な最先端研究の実践を通して、化学・医薬品・食品・エネルギーなどの産業や環境問題の解決に貢献しうる、創造性豊かな人材を養成します。

教育プログラム・養成人材像

化学バイオ系学科では、合成化学、材料化学、グリーンケミストリー、バイオサイエンス、バイオテクノロジーの5つの教育プログラムを設置し、化学や生命科学を基盤とした高度な教育・研究を展開して、21世紀の産業の中心的存在として期待されている化学と医療・創薬産業の諸問題や環境問題を解決できる、独創的な視点をもつ人材を養成します。

合成化学プログラム

化成品・高分子材料・生体機能材料などを自在に分子設計・合成・評価することにより未来の医薬品開発や化学プロセス工業に貢献できる人材

材料化学プログラム

新規な有機・無機材料を創製して機能性を評価することにより化学的視点から次世代エネルギー問題や環境問題を解決できる能力を有する人材

グリーンケミストリープログラム

化学と生命科学にまたがる視点から生体触媒や有機触媒などを活用するグリーン反応プロセスで環境問題を解決するために貢献できる人材

バイオサイエンスプログラム

化学に関する幅広い基礎知識を有し、高次の生体反応や機能を理解することで、新物質や新薬などを創成できる人材

バイオテクノロジープログラム

エネルギーや環境問題に対して微生物を中心とした生物の機能を最大限に利活用した解決策を提案できる人材