鳥取大学工学部化学バイオ系学科 鳥取大学大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻 Chemistry and Biotechnology

  • A
  • A

学科長/専攻長からのメッセージ

地球を救う化学とバイオ!

化学バイオ系学科はとてもアカデミックな雰囲気を持っています.化学と生物学の世界には,サイエンスとテクノロジーの境目がありません.化学と生物学が若い学問であって,化学技術やバイオテクノロジーの分野では21世紀に入って歴史的発見がつぎつぎとなされ,大学の実験室で起きたことが新しい産業の出発にもすぐに反映されるからです.これから進路を選ぶ人にとっては,無人の荒野を開拓できるチャンスに満ちた世界です.高等学校の化学・生物に興味を持った人にはぜひ選んでもらいたい学科です.化学バイオ系学科ではイオン液体・精密有機合成・リチウム二次電池・分子シャペロン・人工ウイルス殻・キチンナノファイバー・ゼオライト・有機太陽電池・バイオ燃料・固体触媒・微生物利用生産・遺伝子工学・生体分子構造解析などの分野で世界をリードしている研究を体験し,そのための高度な装置や技術に触れ,個性豊かな教育を受けることができます.

現代の人類にとって最も重要な課題は地球環境問題と考えられます.化学技術やバイオテクノロジーを発展させることは人類の生活水準を向上させつつ地球環境問題を解決できる唯一の手段です.環境問題は多岐にわたっていますが,地球を救える技術を提供できる学問は,化学とバイオなのです! 鳥取大学の化学バイオ系学科は,世界でも珍しいグリーン・サスティナブル・ケミストリー(GSC)研究センターを擁し,この問題に正面から取り組む人材を養成しています.皆さんも一緒に,化学とバイオを熱く学び,世界に先駆けた研究を通じて地球を救いましょう!

2016年度
化学バイオ系学科長
永野 真吾
2016年度
化学・生物応用工学専攻長
松浦 和則