鳥取大学工学部化学バイオ系学科 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 化学バイオコース Chemistry and Biotechnology

  • A
  • A

学科の目的・特徴

ページ内コンテンツ

学科の目的

有機化学,無機化学,物理化学,生命科学,バイオテクノロジーを基盤とする化学バイオ系分野は,化成品,プラスチック,繊維,機能材料,医薬,食品などの製造やエネルギー産業を支える重要な分野です。化学ならびに生命科学を基盤とする幅広い知識の上に原子・分子から高次の生体まで幅広い専門分野の教育と研究を行い,化学・薬品・食品・エネルギーなどの産業に貢献し,環境問題の解決に貢献する材料や製品を創製できる能力を育みます。

学科の特徴

有機化学,無機化学,物理化学,微生物学,生化学,分子生物学などの基礎を幅広く修得できます。新物質の創製や未利用資源の活用など化学反応を切り拓く合成化学,エネルギー・環境問題の解決や快適な生活に役立つ機能を持つ有機・無機材料を設計する材料化学,新規な触媒・溶媒を活用し環境負荷を抑制する化学反応や環境浄化をめざすグリーンケミストリー,化学と生命科学の視点から次世代の医療やバイオテクノロジーを開発するバイオサイエンス,微生物の機能を活用してエネルギーや環境問題を解決するバイオテクノロジーの5教育プログラムを設けています。