鳥取大学工学部化学バイオ系学科 工学専攻化学バイオコース 工学研究科化学・生物応用工学専攻 Chemistry and Biotechnology

  • A
  • A

稲葉助教(松浦研究室)の研究課題が創発的研究支援事業に採択されました!

稲葉央助教(松浦研究室)の研究課題「内部構造操作による微小管の機能進化」が、2020年度創発的研究支援事業の新規採択課題の1つに選ばれました。
 
本研究課題では、細胞骨格の一種である微小管内部への分子導入技術を基盤とし、微小管が本来有する特異な機能(骨格としての強固な構造、運動システム、形成・解離)を人工的に進化させる新手法を開拓します。
 
*創発的研究支援事業とは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が主管し、多様性と融合によって破壊的イノベーションにつながるシーズの創出を目指す「創発的研究」を推進するため、既存の枠組みにとらわれない自由で挑戦的・融合的な多様な研究を原則7年間(最大10年間)にわたり長期的に支援するものです。詳細および今年度採択課題はJSTの以下のサイトをご覧ください。